MENU

禁煙対策が必要になった背景

禁煙,対策

禁煙対策は、ただ何も理由なくなされているわけではありません。これが必要になる背景が、何かしら存在すると考えるのが妥当です。

 

ここでは、禁煙対策とその背景について見てみましょう。

 

その背景としては、全面禁煙が挙げられます。
特急電車、駅構内、学校、病院、オフィスなど、様々な場所で終日全面禁煙が行われているのは、今では決して珍しいことではありません。健康を増進するためにも極めて当然のことですし、下手に喫煙をおしすすめたところで、何もメリットがないのは目に見えています。

 

このような場所は、不特定多数の方が利用することになるので、普段はタバコを吸わない方たちがタバコの煙を吸ってしまうようなことは、何が何でも避けるようにしないといけません。

 

いわゆる受動喫煙と呼ばれている喫煙ですが、これは愛煙家がタバコを吸うこと以上に体に良くないですし、これが元で健康に害をもたらしてしまうようなことになれば、それこそ本末転倒と言われてもおかしくありません。

 

つまり、禁煙対策は、私達の健康をサポートしようという目的があってなされていることなのです。

 

また、法律的な観点からも見ることができます。
禁煙対策に関わる法律としては、健康増進法と呼ばれている法律なのですが、これは2003年の5月から施行がなされているのですが、法律で定まっている以上はやるべきことはなされないといけません。

 

以上が禁煙対策に関わる背景の主なポイントと考えるのが妥当です。


更新履歴