禁煙 対策

MENU

タバコとガンの関係

タバコについて考えた際にどうしても避けて通ることができないのが、ガンです。

 

このガンの問題は、最近でも深刻になっていますが、これをいかにして予防するかについても、私達にとっては必要不可欠な要素になります。せっかく効果的な禁煙対策を行うことができたとしても、ガンに冒されて死亡となってしまっては、意味がありません。

 

だからこそ、その場しのぎの禁煙対策では意味がないのです。

 

では、タバコとガンの関係について、ここでは見てみましょう。

 

ガンにも色々なタイプのガンが存在しますが、タバコに関連したガンの中でも最も有名なのは、肺ガンです。
これは、タバコの煙の中に含有されている発ガン性の物質によって起こるガンになります。

 

発ガン性物質の例としては、ニコチン、カドミウム、コールスタール、ベンゼンなどが挙げられますが、これらの物質を体内に吸い込むことによって、死亡のリスクが5倍から10倍以上に膨れ上がると言われています。
たかが喫煙だけで、死亡する確率が高まってしまうのですから、決して軽視できない問題です。

 

では、今の段階で喫煙をたしなんでいる方が、もしタバコをやめたとした場合、一体どれぐらいの年数を経れば禁煙者と同じぐらいのリスクまで低下させることができるでしょうか。
これについては、個人差があるのですが、一般的には15年以上は必要になると考えるのが妥当です。

 

しかし、これだけ粘り強く禁煙していけば、何かしらの効果が期待できるのです。